IPOジャパンエレベーターサービスホールディングス(6544)が新規上場承認されました。

 

社名を聞いただけで、どんな事業なのかイメージが付く企業は良いと聞いたことがあります。

 

特に上場間もない企業なんて、一部の投資家を除いて全く無名の企業が多いのですから、ジャパンエレベーターサービスホールディングス、一発でエレベーター関連の事業であることがわかるのは強みです。それにしても名前が長い・・・

 

 

IPO ジャパンエレベーターサービスホールディングス 6544 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2017/03/17

BB期間:3/1~3/7

公募株数:1,640,000

売り出し:1,260,000

オーバーアロットメント:435,000

想定価格:530円

投資に必要な最低金額:53,000円



IPO ジャパンエレベーターサービスホールディングス 6544 初心者向け投資戦略


IPO ジャパンエレベーターサービスホールディングス (6544) 想定価格530円として総株数の価格は、約17.7億円です。



公募株数<売出株数に加えて、株数が29,000枚もあります。株ジャブジャブ余るんじゃないでしょうか。これは容易に当選できるかもしれません。皆が当選できるという事は、それだけプレミア(希少)価値がなくなってしまうので、初値は期待できないかもです。

 

市場吸収金額が下手したら20億越えですよ、ちょっと大きすぎる気がします。それだけ大風呂敷広げたのなら、きちんと投資家も利益が出るように主幹事野村証券さんお願いします。

 

さて、社名からもすぐに事業が造像できてしまう、ジャパンエレベーターサービスホールディングスはその名の通り、エレベーター関連のメンテナンス企業です。

 

エレベーターと言えば、決算が大変なことになっている東芝が有名ですが、他にも日立、三菱電機など国内大手企業が参入している大きな市場です。

 

東芝のCMの印象が強いです。あべのハルカス、スカイツリーが登場するあのCMですが、ご覧になっていますか?

 

そんな巨大市場なのでウハウハがっちり儲かっていて上場するのかと思いきや、思いきっり赤字になっている年もあります。なら上場するなと叫びたくなりますが、経営面はしっかりしているんでしょうね。

 

エレベーターメンテナンスの企業としては比較的新しく、1994年設立の企業です。従業員も120名と少数精鋭の企業です。

 

IPO投資家が気になるロックアップ期間は90日間で解除倍率の記載はありません。他の注意事項として持ち株会があり、こちらは180日間です。

 

さて、それほど好材料のIPOではありませんが、当選しやすそうですし、難しいところです。気持ち参加のつもりですが、人気がなくなったら退散する予定としておきます。

 

 

 

 

 

 



IPO ジャパンエレベーターサービスホールディングス 6544 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
いちよし証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
松井証券


初心者IPO投資家には嬉しい、ネット系の証券会社で多く申し込みが可能です。なかでも穴場証券の岩井コスモ証券や東海東京証券で取り扱いがあるので、隙間を狙う弱小投資家にとってはチャンスです。

 

株数が多いので、もしかしたら松井証券、GMOクリック証券などでも取り扱いがあるかな?なんて期待してしまいます。

 

意外と楽天証券、ライブスター証券で取り扱いがあったりして、要チェックIPOになりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法