IPO アイドママーケティングコミュニケーション(9466)が新規上場承認されましたが、上場日は3月18日です。そうです、既に5社の上場予定日が発表されているというのに、になんとアイドママーケティングコミュニケーション迄が上場するのです。

 

昨年12月のIPOラッシュの時にもなかった6社同時上場です。この中にはきっと、公募割れするババが紛れ込んでいると思ってしまうのは管理人だけでしょうか。

 

 

さて、アイドママーケティングコミュニケーションは、ババになってしまうのか、早速企業分析をおこないます。

IPO アイドママーケティングコミュニケーション 9466 初心者向け基本データ


業種:情報・通信業

市場:マザーズ

公開予定日:2016/3/18

BB期間:3/2~3/8

公募株数:700,000

売り出し:900,000

オーバーアロットメント:240,000

想定価格:1,540円

投資に必要な最低金額:154,000円



IPO アイドママーケティングコミュニケーション 9466 初心者向け投資戦略


IPO アイドママーケティングコミュニケーション (9466) 想定価格1,540円として総株数の価格は、約28.3億円です。



マザーズ市場にしては、市場吸収金額が20億を超えており、かつ6社同時のIPO、外部要因、条件が悪いです。

 

 

アイドママーケティングコミュニケーション、企業名でなんとなく事業内容が想像付きましたが、流通小売業への販売促進に関わる企画・提案・デザイン・販促物の制作までをトータルでサポートするサービスをおこなっている企業です。その事を「統合型販促支援事業」というそうです。

 

 

その成果はというと、売上・利益共に順調です。確かに時代遅れのスーパーなどありますから、ネットを巧みに利用した統合型販促支援事業、今後の需要も期待できそうです。

 

 

創業は1979年と、なんとなかなかの歴史を持っています。情報・通信業でもうすぐ40年です。時代の波に乗って上場というよりは、信頼の積み重ねの成果と捉えた方がいいかも知れません。管理人的にはポイントアップです。

 

 

さて気になるロックアップは90日間、解除倍率は1.5倍です。

 

 

単独上場であるなら、市場吸収金額の多さがネックではありますが、いまの段階でも参戦予定と言えたのですが、未知数の6社同時IPO、しばらく様子見です。

 



IPO アイドママーケティングコミュニケーション 9466 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

みずほ証券(主幹事)
野村証券
マネックス証券
SBI証券
SMBC日興証券
岩井コスモ証券
SMBCフレンド証券


主幹事みずほ証券を含め7つの証券会社で取り扱いがあります。とりわけ、ネット系の穴場証券会社での取り扱いが多いので、小額投資資金しかIPOにまわせない、IPO投資家初心者の方にもチャンス到来です。

 

 

特に岩井コスモ証券は、管理人もたまにポカをしてしまうのですが、BB(ブックビルディング)期間が、他の証券会社と違うので、申し込み忘れする方も出てくる事でしょう。そんな他人の不幸は、自分の幸せ?当選チャンスが膨らむかも知れないです。

 

 

まだ、管理人は申し込むかどうかは迷っていますけどね・・・・



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法