IPO サンバイオ(4592)が新規上場承認されました。久々のバイオ銘柄の登場です。バイオ銘柄で思い出すのが、アキュセラ・インク、見事な初値を叩きだしてくれましたが、その後の株価は低迷しています。

 

 

サンバイオも同じくバイオ銘柄なので、上場後の株価の推移が気になりますが、

まずは初値です。再生細胞薬というなんとも投資家が喜びそうな医薬品事業だけに、注目が集まりそうです。

 

 

IPO サンバイオ 4592 初心者向け基本データ


業種:医薬品

市場:マザーズ

公開予定日:2015/04/08

BB期間:03/23 ~03/27

公募株数:4,000,000

売り出し:2,500,000

オーバーアロットメント:975,000

想定価格:2,170円

投資に必要な最低金額:217,000円



IPO サンバイオ 4592 初心者向け投資戦略


IPO サンバイオ (4592) 想定価格2,170円として総株数の価格は、約162.2億円です。



 

再生細胞薬とは、今まで不可能とされてきた神経機能まで再生する治療薬の事を言います。注目の再生細胞に近いイメージもありますし、夢のある治療薬です。

 

 

特にサンバイオが開発中の再生細胞薬は、骨髄由来細胞の薬で、パーキンソン病、アルツハイマー病などに効果があるかも知れないと注目されているのです。

 

 

まだまだ、研究段階ですが、完成までこぎつけたら間違いなく、大化けする株になります。現段階においてもバイオ企業には珍しく黒字化している部分にも注目です。

 

 

設立は2013年、バイオベンチャー企業です。東京都に本社の住所が記載されていますが、アメリカ、カルフォルニア州の子会社が会社の心臓部であり、研究開発機関のようです。

 

 

 

そして驚くべき事に、従業員は2名となっていて、更に年間の平均給与は、975万と通常の企業の概念をことごとく崩しさるIPO企業です。

 

 

 

ロックアップは90日間で解除は1.5倍とこの部分は通常ですし、BB参戦したいところですが、リスクはマザーズ市場にしては桁外れに大きい市場吸収金額です。

 

 

鍵を握るのは海外投資家? 判断が分かれるIPOになりそうです。

 

 

 

 

 

 

 



IPO サンバイオ 4592 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券


 

主幹事証券会社は、今年絶好調の野村証券です。この規模のIPOであれば、取り扱い証券会社も多いと踏んでおりましたが、今のところ野村証券を含めてたったの4社の幹事団です。

 

 

 

全て、ネットで申し込む事も可能な証券会社です。よって直前まで迷ってから判断するのがいいかも知れません。BB参戦するのか、しないかの判断をするにはちょっとまだ時期尚早ですね。

 

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法