IPO ストライク(6196)が新規上場承認されました。またしてもマザーズ市場、今回もはずれではありません。IPOが活気づいて来ました。記事を書いたり、分析するのが大変ですが、嬉しい悲鳴です。

 

企業同士のM&Aを仲介するストライクが上場します。もちろんサービス業です。どんな人達がスタッフなのかと疑問に思いましたら、きちんと発表されています。ストライクは、公認会計士及び税理士が経営主体となっている企業です。

 

これはIPO的にも儲かる予感です。

 

 

IPO ストライク 6196 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2016/06/21

BB期間:6/06~6/10

公募株数:166,000

売り出し:61,500

オーバーアロットメント:34,100

想定価格:2,940円

投資に必要な最低金額:294,000円



IPO ストライク 6196 初心者向け投資戦略


IPO ストライク (6196) 想定価格2,940円として総株数の価格は、約7.7億円です。



今回も外部要因素敵です。売出株数とオーバーアロットメントによる売出を足しても、公募株数より少ないのです。一般的に売出株数が少なければ、少ない程、IPO初値に期待が持てるので、ストライクは良い条件が揃っています。市場吸収金額も約7.7憶円とラッキーセブンが続くのは何とも縁起が良いです。

 

ストライクの社名の通り、売上・利益共に一直線に伸びており、内部要因も魅力的です。あまり期待しては行けませんが、母体が公認会計士と税理士の方々なので、経営基盤もしっかりしているようです。

 

M&Aの仲介手数料って、かなり大きなお金が動きます。そして、サービス業の中でも資格を持っていないと出来ない仕事、イメージとしては弁護士事務所に近いのではないでしょうか。従業員の平均年間給与が約1640万なんですから、一瞬目を疑いました。かなり儲かっている企業のようです。

 

創業は1997年、本社は勿論東京です。先ほど従業員の平均年間給与が軽く1,000万を超えている事を記事にしましたが、平均年齢は約35歳と若いのです。いやあいい企業です。ただし、平均勤続年数は約3年という数字がでています。

 

IPO投資家が気になるロックアップ期間は180日で、解除倍率はなしです。これだけの企業なので、ベンチャーキャピタルの保有株もジャブジャブと言いたいところですが、記載を見つけられませんでした。ベンチャーキャピタルの力に頼らなくても大丈夫という事でしょうか。

 

勿論全力でBB抽選参加予定です。但し、長期保有するかどうかは微妙です。まだ当選してもないのに気が早いですが、もう当選した気分で挑まないとやってられませんからね。



IPO ストライク 6196 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SMBC日興証券(主幹事)
SBI証券
エース証券
極東証券
丸三証券
岡三証券


久々にきました、SMBC日興証券が主幹事です。2016年度は、はてな、フェニックスバイオ、ハイアス・アンド・カンパニーの主幹事実績があります。

 

さらに、フェニックスバイオでは、管理人も当選を頂いておりますので、相性はそれほど悪くないと思っています。今回もぜひお願いしたいところです。

 

勿論、裏幹事穴場証券会社の存在も忘れてはなりません。松井証券、GMOクリック証券のチェックは欠かしません。

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法