IPOセラク(6199)が新規上場承認されました。いよいよ7月IPOの登場です。第一弾となるセラクは、マザーズ市場でSMBC日興証券が主幹事になります。これまた魅力的なIPOの登場です。

 

ITインフラ事業、スマートソリューション事業、WEBマーケティングコミュニケーション事業の柱があるのがセラクです。一見すると情報・通信業だと勘違いしそうですがサービス業です。

 

個性的なセラクのHPを閲覧すると分かるのですが、ITを見事に活用したセラクビジネスコンテンツが面白いです。これはカヤック並に人気が出る予感です。

 

IPO セラク 6199 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2016/07/01

BB期間:6/16~6/22

公募株数:406,000

売り出し:408,000

オーバーアロットメント:122,100

想定価格:1,360円

投資に必要な最低金額:136,000円



IPO セラク 6199 初心者向け投資戦略


IPO セラク (6199) 想定価格1,360円として総株数の価格は、約12.7億円です。



公募株数と売出株数はほぼ同じなので、株数による需給メリットの恩恵は薄いです。市場吸収金額もマザーズ市場にしては、10億を超えているので、やや大きいです。当選しやすくなる分、初値上昇に期待できる要素が少ない外部要因になります。

 

内部要因に関しては、売上・利益共に順調、文句のつけどころがありません。綺麗な右肩上がりの業績です。ITの力を活用したサービス業、儲かっているようです。

 

インターネットを通じた、ITインフラ、ウェブマーケティングコミュニケーション、スマートソリューションの3つのソリューション、どれも今後も拡大が期待できる市場です。

 

1987年創業のセラクですが、本社は東京新宿区です。恥ずかしながら、全くセラクの事を知りませんでしたが、従業員が1,200人を超える結構なマンモス企業です。

 

しかし、平均年齢約30歳にしては、平均年間給与が約350万円と、東京の企業にしては賃金が安い気がします。従業員に還元されるのは、上場してからなんでしょうね。

 

IPO投資家が気になるロックアップは180日間で解除倍率の記載はないようです。また、ベンチャーキャピタル保有の株も見つかりませんでした。

 

外部要因だけからだとそれほど魅力を感じませんでしたが、内部要因かなり優秀、お宝IPOになる予感です。

 

よって、BB抽選はかなり全力で申し込み予定です。

 

 



IPO セラク 6199 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
松井証券
エース証券
岡三証券


SMBC日興証券、またもや主幹事です。2016年の主幹事実績としては、5月末のこの時点では4位ですが、今後3位に浮上するかもしれない勢いです。

 

因みに、幹事団入り証券会社としては、SBI証券に続いて2位の実績です。結果を残す証券会社だけにセラクの期待度もアップです。

 

その他の証券会社としては、ネット証券会社としておなじみのSBI証券、マネックス証券の幹事団入りが決定しています。

 

大和証券、みずほ証券といった大手証券会社での取り扱いもあるので、全力申し込みをおこなえば、当選出来るかも知れませんね。

 

それでも、少しでも当選率を上げるため、裏幹事、穴場証券会社として松井証券、GMOクリック証券でのチェックを忘れずおこなう予定です。

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法