IPO バーチャレクス・コンサルティング(6193)が新規上場承認されました。今回もマザーズ市場でサービス業です。やはり来る時は来るものです。しかも今のところ、どのIPOも初値が公募価格を上回る初値予想です。

 

年初に痛い思いをしたフィットのようなIPOが隠れているのかも知れませんが、所見では6月に新規上場予定のどの企業も非常に魅力的なのです。

 

もちろん、 バーチャレクス・コンサルティングも負けていません。

 

IPO バーチャレクス・コンサルティング 6193 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2016/06/23

BB期間:6/06~6/10

公募株数:120,000

売り出し:964,000

オーバーアロットメント:162,600

想定価格:1,030円

投資に必要な最低金額:103,000円



IPO バーチャレクス・コンサルティング 6193 初心者向け投資戦略


IPO バーチャレクス・コンサルティング (6193) 想定価格1,030円として総株数の価格は、約12.8億円です。



ここ最近のIPO外部要因が素晴らしすぎたので、 バーチャレクス・コンサルティングが見劣りしてしまいます。その理由は、公募株数に対して、売出株数が約8倍とかなり大きい事です。それでも市場吸収金額は、約12.8憶円とマザーズ市場にしては、申し分ない数字です。

 

今のところは単独上場ですし、結構当選する確率も高そうですし、好きになれそうなIPOです。

 

難しそうな横文字が続く業務内容ですが、簡単に言うと、IT技術を使ってビジネスの仕組みを提供する企業です。顧客と企業の接点の最適化領域でNo.1企業となるビジョンに共感できます。

 

しかし売上・利益はそれほど順調に伸びて来たわけではないので、内部要因に不安材料あります。赤字の時もありましたが、今は挽回出来ています。

 

1999年創業で、本社は東京ですが、コールセンター業務を中心としたアウトソーシングサービスの提供拠点は九州になります。

 

IPO投資家が気になるロックアップ期間は90日で、解除倍率は1.5倍で普通です。

 

他のIPOが眩しすぎて、バーチャレクス・コンサルティングの扱いがぞんざいになりそうですが、しっかり押さえてBB抽選申し込む予定です。

 



IPO バーチャレクス・コンサルティング 6193 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
マネックス証券
SBI証券
SMBC日興証券
カブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
岡三証券
岡三オンライン証券


主幹事証券会社は野村証券です。2016年度IPO主幹事実績ベスト3に入る野村証券です。ただ、大手証券会社だけに、弱小投資家はなかなか当選出来ないのが残念です。

 

ここは、とりこぼしが無いように、SMBC日興証券、SBI証券、マネックス証券のネット証券会社もきちんと押さえておく予定です。

 

勿論、裏幹事証券会社の存在も忘れてはなりません。松井証券、GMOクリック証券は、基本毎日アクセスしているので、突然の発表にも慌てない様に準備万端です。後は、発表はあるだけ、期待しています!!

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法