IPO ファーストロジック6037)が新規上場承認されました。立て続けにIPO情報が発表されるのは嬉しい事ですが、今年早くも上場日が重なります。ファーストロジックとファーストブラザーズの上場日が2月18日で一緒です。本命はファーストロジックですが、何か起きるか?波乱の予感です。

 

IPO ファーストロジック 6037 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2015/02/18

BB期間:02/02~02/06

公募株数:600,000

売り出し:70,000

オーバーアロットメント:100,500

想定価格:1,770円

投資に必要な最低金額:177,000円



IPO ファーストロジック 6037 初心者向け投資戦略


IPO ファーストロジック (6037) 想定価格1,770円として総株数の価格は、約13.6億円です。



ファーストロジック、サービス業というくくりですが、不動産のポータルサイトを運営しており、限りなくIT産業に近い形態の企業ではないでしょうか。

 

 

そんなファーストロジックの売上と利益は、右肩上がりのよい傾向です。顧客と企業を結ぶポータルサイトの需要がどこまで伸びるかが鍵となりますが、不動産業には珍しいITに特化した企業であり、差別化という点で注目の企業です。

 

 

2005年設立、社長は38歳、こちらの企業も従業員は19人と少なく少数精鋭の企業になります。

 

 

時間があれば、もう少し細かく目論見書を読みたいところではありますが、BBの段階では、ここまでの内容で十分申し込みする魅力がある企業であると判断しました。

 

 

ベンチャーキャピタルも出資しており、ロックアップも90日間で解除は1.5倍となっているのを注意しておけば、それほどリスクのあるIPOではありません。



IPO ファーストロジック 6037 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

大和証券(主幹事)
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
SMBC日興証券
いちよし証券
極東証券
丸三証券
岡三証券


人気のマザーズ市場ですし、上場日が被っているとしてもこちらが大本命BB申し込みは全力のスタンスです。主幹事証券会社の大和証券をはじめ、みずほ証券、SMBC日興証券、マネックス証券、SBI証券あたりは抑えておきたいところです。



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法