IPO フェニックスバイオ(6190)が新規上場承認されました。フェニックスバイオと企業名にバイオの文字がありますが、事業としてはサービス業に分類される企業です。

 

 

それだけに、通常のバイオ株より期待出来るかも知れません。バイオ株の多くは、上場後を期待してよという事で、収支が赤字だったりするのですが、フェニックスバイオはきちんと黒字の企業です。

 

 

さて、どうしてサービス業なのかというと、PXBマウス(ヒト肝細胞を持つキメラマウス)を用いた医薬品開発の受託試験サービスだからです。要は、製薬会社の代わりにマウス試験をしてくれる企業という事です。これなら、受託する毎に売上が上がりますし、薬が誕生する迄開発費用がかかる製薬会社と違って低リスクです。

 

 

フェニックスバイオ、企業名も素敵ですし、いけるIPOの予感がするのですが、早速企業分析してみました。

 

IPO フェニックスバイオ 6190 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2016/3/18

BB期間:3/03~03/09

公募株数:300,000

売り出し:110,000

オーバーアロットメント:61,500

想定価格:2,400円

投資に必要な最低金額:240,000円



IPO フェニックスバイオ 6190 初心者向け投資戦略


IPO フェニックスバイオ (6190) 想定価格2,400円として総株数の価格は、約11.3億円です。



外部要因としての最大のリスクは、やはり3月18日上場という事で、5社同時になってしまった事です。

 

それを覆すだけの内部要因がフェニックスバイオにあるかというと、急激な売上の伸びはなく、どちらかというと横ばいの状態です。それでも黒字で上場するという事に大きな意味があると思います。

 

 

ヒト肝細胞キメラマウスという只のマウスではないところに企業としての特徴があります。だからこそ、薬の開発に重要な前臨床過程を受託出来るようです。技術力に定評がある!と、捉えていいのでしょうか?

 

 

2002年創業の広島の企業です。従業員数は約40人、地方だからでしょうか、平均年間
給与は、約490万円です。利益率の高い仕事しているイメージでしたが、給与水準から、そうでもないようです。

 

 

 

さて気になるロックアップ期間は180日間で解除倍率は1.5倍です。ただし、記載されているロックアップリストが長いです。何か発見があるかも知れませんが、いまのところは問題なさそうです。

 

 

少し迷ってしまうIPOですが、いまのところ参戦予定です。

 

 



IPO フェニックスバイオ 6190 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SMBC日興証券(主幹事)
野村証券
SBI証券
藍澤證券
ひろぎんウツミ屋証券
中銀証券


主幹事SMBC日興証券です。その他、幹事団にネット証券でお馴染みのSBI証券や野村証券の名があります。

 

 

後は、地元の方ならIPO当選チャンス!! 中銀証券やひろぎんウツミ屋証券での取り扱いがあるようです。

 

 

今のところ、検討している証券会社は、無理をする事なく、いつものネット証券の予定です。



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法