生きるを増やす、爆発的に。という事でヘリオス新規上場承認されました。先日、速報としてお伝えしましたが、今回はその詳細分析バージョンをお送りします。IPS細胞という事で、バイオ企業でありながら注目度抜群です。ヘリオスの上場迄の期間も間があいている事から、期待度大です。

 

 

これはと思うIPOではありますが、市場吸収金額の多さが気になる部分でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

IPO ヘリオス 4593 初心者向け基本データ


業種:医薬品

市場:マザーズ

公開予定日:2015/06/16

BB期間:05/28~06/03

公募株数:10,100,000

売り出し:0

オーバーアロットメント:1,515,000

想定価格:1,200円

投資に必要な最低金額:120,000円



IPO ヘリオス 4593 初心者向け投資戦略


IPO ヘリオス (4593) 想定価格1,200円として総株数の価格は、約84.0億円です。



 

再生医療のバイオ企業ヘリオス、ぜひとも発展して欲しい企業である事は間違いないです。今まで治療困難であると言われていた病が治るかも知れないのですから、そのインパクトははかり知れないです。

 

 

 

但し、期待はしていますが、ヘリオスが大成功するかどうかは、まだまだ未知数です。今後大きく飛躍し成功する為の新規上場承認ではある事は分かりますが、市場吸収金額、かなり大きめです。

 

 

 

バイオ企業は、サンバイオで痛い目にあった方もいるでしょうし、あまり心証も良くないです。ここは突撃するかは、意見が分かれそうな予感です。

 

 

 

ヘリオスはグローバルに展開している企業なので、この吸収金額でもそれほど大きくないと捉えてもいいのかも知れませんし、バイオ企業にしては珍しく、黒字決算の実績もプラス材料です。

 

 

 

 

しかも会社設立は、2,011年とかなり若い企業になります。社長が38歳と若いので、イケイケの企業なのかも知れませんが、この早さは一定の評価をすべきです。まあ、従業員が少ないので、上場したら一番おいしい思いをするのは、社長ですね。

 

 

 

 

ロックアップは90日間と解除倍率は1.5倍とまあ普通です。これで東証2部であったなら、おそらくスルーしていたと思いますが、マザーズ市場という事で、チャレンジしても良いかもしれません。

 

 



IPO ヘリオス 4593 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
大和証券
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
ふくおか証券
西日本シティTT証券


 

ヘリオスの新規上場、幹事団が結構いますが、申し込む予定なのは、野村証券、大和証券、みずほ証券の大手御三家を考えております。資金に余裕があればSBI証券あたりを考えておりますが、他の証券会社で申し込むかは、現在検討中です。

 

 

 

管理人のスタンスとしては、運よく当選したらそのまましばらく保有も視野に入れて、持っておきますかの投資戦略です。名付けて『メタウォーター戦略』です。需要はありそうなのですが、社長が売りに出したら、痛い目にあいそうなので、慎重です。

 

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法