IPO 三機サービス(6044)が新規上場承認されました。しかも嬉しい事に上昇幅が期待できるジャスダック市場です。この後述べさせていただきますが、S級銘柄には届かないかも知れませんが、かなり期待できるIPOになりそうです。世の中には、まだまだ知られていない優良企業があるんですね。

 

 

 

厨房機器・電気設備・給排水衛生設備等のトータルな設備メンテナンスを主な事業とする堅実な企業です。多角化経営の失敗をきちんと清算しているところも、潔くて好感触です。それでは、企業分析を進めてみたいと思います。

 

 

IPO 三機サービス 6044 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:ジャスダック

公開予定日:2015/04/24

BB期間:04/08~04/14

公募株数:250,000

売り出し:250,000

オーバーアロットメント:75,000

想定価格:1,540円

投資に必要な最低金額:154,000円



IPO 三機サービス 6044 初心者向け投資戦略


IPO 三機サービス (6044) 想定価格1,540円として総株数の価格は、約8.9億円です。



 

IPO 三機サービス(6044)公募枚数と売出枚数が250,000株と同数であり、かつオーバーアロットメントの株数も75,000株とIPO需要が高まる気配濃厚です。

 

 

 

大赤字から見事に黒字回復しています。赤字になったという事は、逆に考えるとそれだけチャレンジもしてきたという事、チャレンジスピリッツを感じさせる企業です。

 

 

 

メンテナンスって地味なイメージがありますが、なくてはならないサービスですし、一度契約すると長年続けるものなので、ここまでの仕組みを作り上げたのですから、これからに期待できそうです。

 

 

 

何より、1977年創業という、信頼の実績です。社長は貫禄の61歳、大きな株価上昇はないかも知れませんが、公募割れのリスクは限りなく低い安心のIPOになるのではないでしょうか。

 

 

 

ロックアップは90日間と記載されていますが、ベンチャーキャピタルの存在はないようです。パナソニックグループへの依存度が高いのが気になりはしますが、初値はまずまずの値になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

今のところ4月24日、安心の単独上場なので、管理人は参戦予定です。

 

 

 



IPO 三機サービス 6044 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
みずほ証券
SMBC日興証券
カブ・ドットコム証券
H・S証券
エース証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
高木証券


 

野村証券が主幹事です。これで遂に2015年のIPO主幹事実績、SMBC日興証券と並んで1位です。8つの企業のIPO主幹事になっています。管理人は一度も当選を頂いてはいませんが・・・・

 

 

 

詳細は、『野村証券-2015年度-ipo実績』をご確認ください。さて、三機サービスのIPOにおいては、とりあえず口座開設してある証券会社からは全て申し込むという戦略です。穴場証券会社のH・S証券あたりで当選を頂きたいものです。

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法