IPO 中本パックス(7811)が新規上場承認されました。東証2部での上場なので不人気の予感。ここを攻めるかどうかは、今後の市場動向次第になりそうですが、全力参加したら当選出来るかも知れないです。

 

 

果たしてチャレンジする価値があるのか? 中本パックスとはどういう企業なのでしょうか。早速分析を行いたいと思います。

 

 

さて、その前に、東証2部市場での過去の上場実績ですが、2015年の結果で調べてみるとそれほど悪くはないのです。確かに公募割れしている企業もありますが、ランドコンピュータなどは、公募価格の約2倍の結果になっている事実も忘れてはいけません。

 

 

 

当サイトでは、過去実績も一覧で見れますので、良ければご参考ください。東証2部の結果は、『東証2部-2015年度-ipo実績』で確認できます。

 

 

 

IPO 中本パックス 7811 初心者向け基本データ


業種:その他製品

市場:東証2部

公開予定日:2016/3/3

BB期間:2/16~2/22

公募株数:550,000

売り出し:570,800

オーバーアロットメント:168,100

想定価格:1,440円

投資に必要な最低金額:144,000円



IPO 中本パックス 7811 初心者向け投資戦略


IPO 中本パックス (7811) 想定価格1,440円として総株数の価格は、約18.6億円です。



さて、中本パックスの外部要因ですが、市場吸収金額は約18.6億円と東証2部市場としては、大きくもなく、かといって小さくもなく、まあ平均的な市場吸収金額になります。過去の東証2部市場結果をみても、ぎりぎりのラインです。

 

 

10億をきったら、東証2部市場でも小型案件になり、安心度が高まるのですが、約18.6億なので油断できません。20億を超えていたとしても、富士ダイス、ケイアイスター不動産、一蔵のように公募価格を上回る初値結果になる事もありますし、逆に20億以内でも土木管理総合試験所のように公募価格割れする事もあります。

 

 

この辺りは、市場吸収金額だけでなく、他の要素ももちろん絡んでくるのですが、初値予想の記事をアップする時にでも、分析に続きをしたいと思います。

 

 

さて、中本パックスの内部要因はどうかというと、売上・利益ともに変化なし、横ばいの状況です。良くもなく悪くもないという業績で上場しようとする判断がよく分かりません。上場する目的は設備投資資金の確保のようですが、果たしてグラビア印刷機、クリーンルーム等の生産加工設備に投資し、生産性がアップすれば利益もアップするのでしょうか? 物流保管設備の拡充も考えているようです。

 

 

これは、判断が迷ってしまうIPOになりそうです。

さて、明記するのを忘れていましたが、中本パックスは印刷関連の事業をおこなっており、グラビア印刷、ラミネート加工、コーティング加工、成型加工などの製造です。特殊技術の付加価値を今後どのくらい評価されるかが、企業収益アップのポイントになりそうです。

 

 

1988年の今までの実績や海外展開しているところを評価すべきかどうかです。確かに上場して知名度アップすれば、それなりに業績はアップするでしょうが、インパクトが乏しいです。それなら、その後1部昇格のタイミングをはかって株を購入した方がリスクは下がります。

 

 

気になるロックアップ期間は、90日間で解除倍率は1.5倍です。ベンチャーキャピタルの保有株も見受けられませんでしたので、急激に下がるリスクは少ないです。

 

 

 

3月3日のひな祭り、皆が喜ぶ日に上場するので、ご祝儀相場になると判断して申し込んでみるのもいいかもしれません。

 

 

 



IPO 中本パックス 7811 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
カブドットコム証券
岩井コスモ証券
松井証券
エース証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
高木証券


野村証券主幹事銘柄の登場です。リートに続いての第2弾、こちらの方が期待度高くはなります。

 

 

他にも幹事団としてSBI証券、SMBC日興証券の名がありますが、穴場証券会社の一角、岩井コスモ証券での取り扱いもあります。

 

 

岩井コスモ証券に関しては、当サイトの人気記事『ipo初心者は投資-資金いくらから必要?』でもご紹介しておりますので、ご参考にしてみてください。

 

 

また、散々悩んだ中本パックスの評価はC級銘柄と言いたいところですが、ここ最近の東証2部市場の好調結果を受けてB級銘柄とさせていただきます。

 

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法