IPO 昭栄薬品(3537)が新規上場承認されました。昭栄薬品のネーミングから製薬関連の企業をイメージしましたが、天然油脂由来の油脂化学品などが主な商品となる化学品事業の企業です。

 

 

 

2016年2月12日における4社同時の新規上場承認には、本当に驚かされました。最近まめにIPO情報を更新していたからよかったものの、出張等で今までの新規上場承認企業を掲載していなかったら、とんでもないことになっていました。

 

 

 

2月承認IPO(上場するのは3月)でもこんなことがあるんですね。一気に4社のIPO分析を行うと、もう何が何だか分からなくなってしまいますが、確実なのはただ1つ!! 昭栄薬品が一番魅力的なIPOになります。

 

 

 

IPO 昭栄薬品 3537 初心者向け基本データ


業種:卸売業

市場:ジャスダック

公開予定日:2016/3/16

BB期間:3/01~3/07

公募株数:200,000

売り出し:100,000

オーバーアロットメント:45,000

想定価格:1,330円

投資に必要な最低金額:133,000円



IPO 昭栄薬品 3537 初心者向け投資戦略


IPO 昭栄薬品 (3537) 想定価格1,330円として総株数の価格は、約4.6億円です。



外部要因は市場吸収金額が約4.6億円と魅力的です。しかし、売上はずーと横ばいで成長性が見られない?!

 

 

卸売業であるので利幅が少ないのは想像できますが、今後大きく事業が拡大していくかどうかを見極めるのが、IPO投資のポイントになります。

 

 

勿論、初値で売り抜く戦略の方はあまり気にしないポイントかも知れませんが、長期保有も視野に入れている管理人としては欠かせない情報になります。

 

 

昭栄薬品の創業は1960年、大阪の企業で平均年齢は44.3歳、平均年間
給与は約754万円、更に平均勤続年数は14.3年と従業員にもやさしい企業のようです。

 

 

気になるロックアップ期間は90日間で解除倍率は1.5倍です。

 

 

今のところ、大きなマイナス要因はありませんので、BB抽選に申し込む予定です。

 

 

 

 



IPO 昭栄薬品 3537 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

大和証券(主幹事)
SBI証券
SMBC日興証券
カブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券


主幹事証券会社は大和証券、この段階で野村証券に次ぐ、IPO主幹事数になります。

 

 

昭栄薬品の幹事団は少ないので、ややプレミア感が高いです。大和証券でのBB申し込みは勿論の事、SMBC日興証券、SBI証券での申し込みも考えています。

 

 

 

次回予告:新規上場承認ラッシュの後は、恒例の初値予想!



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法