IPO KHネオケム(4189)が新規上場承認されました。協和発酵グループから独立するだけの技術力がある企業です。

 

IPO的にはあまり初値が高騰しない、下手したら公募割れリスクの方が高いとされる業種の化学ですが、KHネオケムは一味違でしょう。

 

なんといっても、国内唯一の高圧オキソ設備と低圧オキソ設備を有しているからです。オキソ技術によって、さまざまなアルコールや合成脂肪酸を生産できます。客のあらゆるニーズに応えることが出来る高品質の製品を作ることが出来ると言うことです。

 

今回のIPOも国内だけでなく、その技術力を武器に海外での飛躍を視野にいれているからです。成長が限定的だと敬遠される化学産業ですが、ワールドワイドでの飛躍の可能性は残されているのです。

 

IPO KHネオケム 4189 初心者向け基本データ


業種:化学

市場:東証1部

公開予定日:2016/10/12

BB期間:9/23~9/29

公募株数:2,614,400

売り出し:23,800,000

オーバーアロットメント:3,962,100

想定価格:1,670円

投資に必要な最低金額:167,000円



IPO KHネオケム 4189 初心者向け投資戦略


IPO KHネオケム (4189) 想定価格1,670円として総株数の価格は、約507.0億円です。



KHネオケム、オキソ技術という武器があるのはわかりますが、外部要因最悪です。
公募株数<<<<<売出株数であるのに加えて、市場吸収金額が500億を超えているのです。知名度のあるJR九州やLINEなどの上場ならわかりますが、業界では有名かも知れませんが、一般投資家を対象とした場合、ちょっと目論見甘いかなと思ってしまいます。

 

関係者が上場で利益をだして儲かりたいのはわかりますが、ちょっと欲張りすぎです。

 

売上は年々増加しておりますが、大きく飛躍した数字ではありません。一時前年度割れした時もあります。基礎化学品が主であるので、流行に左右されることなく安定した需給があることが想像できます。

 

KHネオケムはオキソ技術と呼ばれる製造方法がオンリーワンとなる強みです。自動車塗料や部品、建築用水素塗料や壁紙、床材、エアコンや冷蔵庫の潤滑油、さらには化粧品やアルミ缶、洗剤などありとあらゆる多様な製品の原料を提供する事が出来るのです。

 

自動車業界の景気が良くなくても、建築資材の景気が良ければ、企業としては問題ないといった、他業種を取引先にしている強みがあります。

 

一時期問題になったフロンガス、その代替フロンに対応した潤滑油原料では、世界シェア50%という実績もあります。このように収益の柱となる事業がいくつか存在していることも、KHネオケムの強い財産です。

 

創業は2010年東京都に本社を構える企業となっていますが、1948年に前身である協和産業が日本初の発酵法によりアセトン・ブタノールの量産を開始したところから歴史は始まります。

 

1966年には、化学品製造子会社である協和油化(協和発酵ケミカル)が設立され、その後2008年に協和発酵工業とキリンファーマーが合併する過程において、協和発酵ケミカルは石油化学業界で飛躍するため、独立する道を選んだのです。

 

さてIPO投資家が気になるロックアップ期間は90日間で解除倍率は1.5倍です。例外として社長のみ180日間の設定があります。

 

技術的にはかなり魅力的な企業なのですが、さてIPOに参戦するかどうかは、微妙な気持ちになってきました。下手したら、ジャパンディスプレイの二の舞です。

 

高い技術力と需要があるので、そこまでひどくなる事はないと思いますが、ではどこまで初値があがるのか?

 

リスクとリターンの兼ね合いを考えた場合、不参加の方が賢明かなとも思いますが、うーん、これはかなり悩みます。

 

初値予想の記事を投稿するころには、結論を出したいと思います。

 

そうそう、本日上場した、さくら総合リート投資法人、管理人の予想どおり公募割れでしたね。

よって、次回予告:さくら総合リート投資法人の初値結果と今後の予想!!

 



IPO KHネオケム 4189 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

みずほ証券(主幹事)
大和証券
野村証券
SBI証券
SMBC日興証券


みずほ証券が主幹事ですが・・・・・
最近当選しても、公募割れが多い気がします。

 

その他の幹事団としても日本を代表する大手証券会社の名前が連なっているので、それなりに株を裁くことが出来るのでしょうね。

 

仮に申し込むとしたら、やはり主幹事みずほ証券になるんですかね。
SBI証券では、チャレンジポイント狙いで申し込む予定です。

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法