IPO MS-Japan(6539)が新規上場承認です。
マザーズ市場で喜んだのもつかの間、またしてもサービス業のIPOです。
さらに野村證券主幹事という、いやいやこれはどうして微妙なIPOになる予感です。

 

MS-Japanという社名からは想像が付きにくいですが、簡単にまとめると人材紹介事業です。
それも企業の管理部門及び弁護士、公認会計士、税理士等の士業に特化しているので、ユニークと言えばユニークなのですが、果たしてどれだけの需要があるかですね。

 

IPO MS-Japan 6539 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2016/12/15

BB期間:11/29~12/05

公募株数:795,000

売り出し:795,000

オーバーアロットメント:238,500

想定価格:1,960円

投資に必要な最低金額:196,000円



IPO MS-Japan 6539 初心者向け投資戦略


IPO MS-Japan (6539) 想定価格1,960円として総株数の価格は、約35.8億円です。



公募株数=売出株数ですが、オーバーアロットメントを含めると市場吸収金額ジャブジャブの30億円突破です。最近マザーズ市場でも市場吸収金額が多いIPOが目立ちます。12月は特に公募割れリスクが高まる時期でもあるので、MS-Japanの魅力は少ないです。

 

外部要因からは、このまま見送るIPOとなりそうですが、内部要因はまずまずなのです。売上・利益がいちよう堅調に推移しているから頭が痛いです。このまま赤字体質であったり、業績に不安材料があれば、迷わずパスと言えるのですが、そうも言えない難しいIPOとなりそうです。

 

1990年、東京に設立した企業ですが、従業員は100名を超えていながら、平均年間給与は約500万、驚くべきは平均年齢が約29歳である事! これは結構社員の方、優遇されているのでは…人材サービスはやはり儲かる体質の企業のようです。

 

IPO投資家の初心者から経験者まで気になるロックアップ期間は90日間で解除倍率の記載はありません。
ベンチャーキャピタル保有の株もないようです。

 

 



IPO MS-Japan 6539 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
カブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券


主幹事の野村証券ではとりあえず申し込む予定ですが、普通に考えると当選するでしょう!!
よって、BB抽選期間が始まるまでには、参加スタンスを明確にしないとだめですね。

 

SBI証券で2,000株ぐらい申し込んで需要の確認をチェックするなど、MS-JapanのIPOは、慎重に判断する予定です。



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法