IPO RS Technologies 3445新規上場承認されました。日本が得意な半導体事業です。シリコンウェーハの再生加工及び販売事業という技術力を感じる企業の上場で注目が集まりそうです。

 

 

 

大型案件になるのかと思っていたら市場はマザーズ、これは期待出来るかもしれません。早速投資戦略をたてたいと思います。

 

 

 

IPO RS Technologies 3445 初心者向け基本データ


業種:半導体関係

市場:マザーズ

公開予定日:2015/03/24

BB期間:03/05~03/11

公募株数:330,000

売り出し:750,000

オーバーアロットメント:162,000

想定価格:2,800円

投資に必要な最低金額:280,000円



IPO RS Technologies 3445 初心者向け投資戦略


IPO RS Technologies (3445) 想定価格2,800円として総株数の価格は、約34.8億円です。



IPO RS Technologies 3445、魅力的な事業の企業ですが、マザーズにしては市場吸収金額が大きいです。これだけ大きいとさすがに公募割れのリスクも覚悟しなければならなくなります。

 

 

 

気になる企業成績ですが、赤字の時期もありましたが、売上、利益共に上場に向けたタイミングで急上昇中です。これだけの上昇率があれば、大丈夫かなと思いますが、急に膨らんだ風船は破裂も早いです。

 

 

 

期待できると誰もが思う時にこそババが隠れていたりしますので、ここは慎重に吟味する必要がありそうです。

 

 

 

会社設立も2010年と若くて良い材料が揃っているので、問題ないとは思うのですが、今のタイミングではなんとも判断が難しいIPOになりそうです。

 

 

 

ロックアップ期間も90日間とあるので、ベンチャーキャピタル対策も十分ですし、大丈夫とは思うのですが、何か引っかかかる・・・その理由をこれから探す予定です。

 

 

 

 

 



IPO RS Technologies 3445 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SBI証券(主幹事)
野村証券
SMBC日興証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
東洋証券
SMBCフレンド証券
岡三証券
岡三オンライン証券


主幹事はSBI証券なので、資金力勝負をおこなえば、当選しやすそうです。こんな時は、資金力がある投資家さんがうらやましく感じるものです。弱小投資家の生き残る道としては、やはり、SBI証券とその他の取り扱い証券会社の2本立て構成で攻めるのが得策なのではないでしょうか。

 

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法