2017年度の主幹事証券会社ランキングです。こちらも随時更新していきます。


2017年度 主幹事証券会社 取り扱い実績

順位 証券会社名 説明
野村証券野村証券18 主幹事になる事も多く、資金0でIPO申し込み出来るのが魅力
大和証券大和証券9 ダイワプログラムでIPO当選確率をあげるという裏技があります
みずほ証券みずほ証券6 同一資金で複数IPOに申し込む事が出来ますが、当選確率は低い?!
SBI証券SBI証券6
はずれてもポイントが付き、たくさんたまれば、当選チャンス到来!
5位SMBC日興証券5 補欠当選は実質はずれ、数撃てば当たるのかは、当サイトの結果を参考に
6位三菱UFJモルガン・スタンレー証券2
6位東海東京証券2 2015年、ネットでIPO取引開始、主幹事もたまにやります
6位岡三証券2
9位いちよし証券1 電話でBB申し込むと言うちょっと変わったスタイルの証券会社
9位東洋証券1