日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)が新規上場承認されました。このタイミングでインフラ投資法人って、タイミング悪すぎないですか?

 

IPO閑散期であれば、IPO投資に飢えた投資家達の参加が見込まれます。しかし、このIPOがわんさかある状態では、無理に参加しようとする投資家が少ないのではないでしょうか。

 

以上が、日本再生可能エネルギーインフラ投資法人の新規上場承認の第一報を受けて管理人が受けた第一印象です。

 

さて、では詳細分析にうつります。

 

IPO 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 9283 初心者向け基本データ


業種:インフラ

市場:東証リート

公開予定日:2017/3/29

BB期間:3/13~3/16

公募株数:39,140

売り出し:0

オーバーアロットメント:2,060

想定価格:100,000円

投資に必要な最低金額:100,000円



IPO 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 9283 初心者向け投資戦略


IPO 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 (9283) 想定価格100,000円として総株数の価格は、約41.2億円です。



売出株数なんと0(ゼロ)です。市場吸収金額も思ったより多くありません。第一印象とは違って、これは意外といけてしまうのではと思うようになりました。

 

太陽光発電所のインフラ投資法人です。旬の時期はとっくに過ぎたと思っていたのですが、まだまだ開発は続いているんですね。電力自由化で規制がずいぶんと緩和されましたので、しっかりやれば利益がきちんと出るという事でしょうか。

 

再生可能エネルギーと聞くとなんとなく良いイメージを持ってしまいますが、ポートフォリオを確認すると90%以上が太陽光発電です。

 

その他の再生可能エネルギーの割合がもっと高ければ、それなりに期待できるのですが、このままだとチョット頼りないですね。

 

ただ、予想に反して小粒なので、多少は参加を検討してもいいかもしれません。

 



IPO 日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 9283 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SMBC日興証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
東海東京証券
岡三証券


予想はしていましたが、やはりこういったインフラ投資法人の主幹事はSMBC日興証券です。申し込んだら当選しそうな気もするのですが、果たしてどうなのでしょうか。

 

少し気になるのが、主幹事無敗神話の東海東京証券でも取り扱いがある事です。ネットで申し込みが可能かどうかはまだわかりませんが、東海東京証券が幹事団入りなら大丈夫かなと勝手な妄想が広がります。

 

初値予想記事の時にもう少し調べるとして、今のところは資金と時間に余裕があったら少しだけ参加予定としておきます。

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法