IPO 日本動物高度医療センター(6039)が新規上場承認されました。なんだかんだいってのペットブームが続く中、管理人の中で大本命のIPOになります。

 

 

また熱いエールを送ってばかりいると、シリコンスタジオのように当選から遠ざかってしまいますので、この辺でやめておきますが、今の日本に欠かせないビジネスモデルであって初値もかなり期待出来るのではないでしょうか。

 

 

IPO 日本動物高度医療センター 6039 初心者向け基本データ


業種:サービス業

市場:マザーズ

公開予定日:2015/03/26

BB期間:03/11~03/17

公募株数:133,000

売り出し:592,300

オーバーアロットメント:108,700

想定価格:1,130円

投資に必要な最低金額:113,000円



IPO 日本動物高度医療センター 6039 初心者向け投資戦略


IPO 日本動物高度医療センター (6039) 想定価格1,130円として総株数の価格は、約9.4億円です。



 

動物医療業界において高度医療技術を提供するサービスの企業です。人間の子供より、犬や猫の数が多いという日本において必要なサービスであり、今後脚光を浴びる事は間違いないでしょう。

 

 

 

家族の一員としての犬や猫なのですから、放射線治療装置やMRI、CTなどの先進医療を受けてもらうのが当たり前の時代が、もうそこまで来ているのです。

 

 

 

さて、管理人の心は既に決まっているのですが、企業分析を進めますと、それほど順調に進んできた企業ではありません。それだけに苦労の数だけ、修羅場をくくりぬけています。大きな柱の3つの事業『二次診療サービス』、『画像診断サービス』、『一次診療施設向けのサービスや物品販売等』、も今後は成長性が期待できます。

 

 

 

2005年設立の日本動物高度医療センター、犬や猫が多く住んでいる神奈川県川崎市に本社があります。社長も比較的若く45歳、従業員数は90人です。

 

 

 

ここで一つ、懸念材料が見つかってしまいました。ベンチャーキャピタルの存在です。裏を返せば、期待できるビジネスモデルという事ですし、ロックアップは、90日間と180日間とかかっています。解除倍率も1.5倍ですので、初値売りの戦略であれば、全く問題ないですが、これで参加見送る方も出てきそうですね。

 

 

 

人の進まないところにわが道あり!!、もちろん管理人は参戦予定です

 

 



IPO 日本動物高度医療センター 6039 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SMBC日興証券(主幹事)
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
東海東京証券
松井証券
SMBCフレンド証券
丸三証券
岡三証券


 

SMBC日興証券が主幹事証券会社となっています。そして脇を固めるのがこれまた多くのネット系証券会社です。

 

 

 

もうこの辺りに来ると、資金力、資金繰り勝負のような気がします。それが面倒な方は、SBI証券での裁量配分に望みを託すという戦略もいいかもしれませんね。

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法