IPO コメダホールディングス(3543)が新規上場承認されました。予告通り6月の上場に間に合ったようです。しかし上場日は6月29日、ソラストと被ってしまいます。折角の注目IPOなので、単独上場になってほしかったです。

 

さらにコメダホールディングスのIPOですが、まさかの市場未決定です。東証1部市場での上場が濃厚だとは思いますが、2部に決定する可能性も残っています。

 

それでもコメダ珈琲店の知名度は抜群なので、公募割れしない第一印象です。またコーヒーだけでなく海老カツサンドなど、メニューの評判も高いので人気はありそうです。

 

個人的にもかなり大好きな企業ですが、しっかり吟味しないとIPO投資で勝つ事は出来ません。よって分析開始です。

 

IPO コメダホールディングス 3543 初心者向け基本データ


業種:卸売業

市場:東証1部

公開予定日:2016/06/29

BB期間:6/13~6/17

公募株数:0

売り出し:26,700,000

オーバーアロットメント:4,000,000

想定価格:1,960円

投資に必要な最低金額:196,000円



IPO コメダホールディングス 3543 初心者向け投資戦略


IPO コメダホールディングス (3543) 想定価格1,960円として総株数の価格は、約601.7億円です。



ようやく新規上場承認の発表があったコメダホールディングスですが、市場吸収金額は600億円を超えているのです。それなのに公募数0(ゼロ)って、コメダ珈琲店の知名度でなかったらまずBB抽選申し込まなかったでしょう。外部要因から判断すると公募割れの可能性がかなり高いIPOになってしまいます。

 

コメダ珈琲店というネーミングのお店ですが、スターバックス等とは一線を画する戦略で売上・利益共に順調に推移しています。

 

ガッチリマンデー等の情報番組で存在を知った時は、まだ名古屋中心の地方企業というイメージでしたが、今や国内700店舗を超える勢いです。

 

関東でもモーニングが有名になったのはコメダ珈琲店の影響が大きいでしょう。

 

ベンチャー企業だとは知っていましたが、まさかの2014年会社設立です。但し、前身の「コメダ珈琲店」の創業は1968年となかなかの老舗企業です。

 

家族的な経営から見事に全国規模の企業になった大成功の小売業のよいお手本です。(サービス業だと思ったら、事業は卸売業でなんですね)

 

IPO投資家が気になるロックアップ期間は180日間で、解除倍率の記載はありません。

 

株主優待制度も発表されています。コメダ直営店、FC加盟店で使用する事が出来る金券年間2,400円です。公募価格の金額から換算するとあまりお得な優待ではありません。

 

優待金額から逆に株価を計算すると、1,500円ぐらいがちょうど良いと思えてしまいます。という事は、公募割れ??

 

いやいやリスクは高いですが、現段階ではBB抽選申し込み予定です。人気がある企業は何だかんだいって、公募割れしません。すかいらーくがいい例です。

 

新規上場承認記事としてはここまでとしておきます。次回、コメダホールディングスの初値予想にも気合いが入りそうです。

 



IPO コメダホールディングス 3543 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

大和証券(主幹事)
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
SMBC日興証券
カブドットコム証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券


大和証券と三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事になります。大型案件ですから、証券会社も2社で力をあわせて行うようです。

 

その他幹事証券会社にネット証券会社でお馴染みのSMBC日興証券、マネックス証券、SBI証券での取り扱いが決まっていますが、全ての株をさばききるために、この後いくつか穴場証券会社での取り扱いが増えそうな予感です。

 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券が主幹事なので、カブドットコム証券が取り扱う可能性はかなり高そうです。もちろん、松井証券、GMOクリック証券の望みは捨てていませんよ。

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法