IPOトランザス(6696)が新規上場承認されました。

いやいや恰好いい社名です。

なんかガンダムを彷彿させてしまいます。

確かトランザムとトランザス、一文字違い惜しい!!

 

主幹事が穴場証券でもあるいちよし証券です。これはガンダムがトランザムモードに突入した時のように、ひと暴れしてくれると面白いのですが、果たしてどうなのでしょうか?

 

IPO トランザス 6696 初心者向け基本データ


業種:電気機器

市場:マザーズ

公開予定日:2017/08/09

BB期間:7/24~7/28

公募株数:380,000

売り出し:360,000

オーバーアロットメント:100,000

想定価格:1,300円

投資に必要な最低金額:130,000円



IPO トランザス 6696 初心者向け投資戦略


IPO トランザス (6696) 想定価格1,300円として総株数の価格は、約10.9億円です。



トランザスってどんな会社?

電気機器の業種ですが、IoT端末や機器装置の製造販売をおこなっている企業です。さらに各種ソフトウェアの開発、提供、メンテナンスまでおこなっており、限りなく情報・通信業に近いイメージです。

 

外部要因

公募株数>売出株数となっておりますが、少しだけ超えている程度です。オーバーアロットメントを含めると結構な株の量になります。その為市場吸収金額は、プラスマイナスリターンの境目10億越えになっています。しかし、今のIPO人気の相場から、ほぼ間違いなくプラスリターンになるのではないでしょうか。

 

内部要因

経常利益が一時期だけ、前年割れになっていますが、営業利益は毎年順調に伸びている事からも成長分野である事が伺えます。IoT関連の事業ですから、IPO的にもほぼ鉄板、マイナスリターンになることはないでしょう。

 

企業情報詳細とロックアップ等

会社の設立は古いとも新しいとも言えない、微妙な1995年です。誕生してから20年以上経過していますから、意外としっかりしている企業なのかも知れませんね。

社長は44歳ですが、従業員平均はそれよりもっと若く約38歳です。ただし社歴の割に社員の平均勤続年数が3.5年なのが気になる数字です。まあ、ブラック企業ではない事を祈ります。

 

IPO投資家が気になるロックアップ期間は90日間で解除倍率は1.5倍です。

ベンチャーキャピタル保有株はもちろんありますが、もしかしたらインテルキャピタルだけ、それならかなりのプラス材料ですね。

 

さーて、いつも言ってるかも知れませんが、儲かる予感です。

いちよし証券での申し込み、いつも以上に電話混雑しそうです。

またこのタイミングでジェイ・エス・ビー (3480)の電話申込みをしていない事に気がついてしまいました。あぶないあぶない、このタイミングで新規上場承認してくれたトランザスに感謝です。

 



IPO トランザス 6696 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

いちよし証券(主幹事)
みずほ証券
マネックス証券
SBI証券
楽天証券
むさし証券
エース証券
極東証券
水戸証券


主幹事いちよし証券での申込はもう確定の予定ですが、問題はいつ申し込むかなんですよね。お昼は5分ぐらい待ちますからね。ただ以前に比べると格段に繋がりやすくなった気がします。数年前は20分以上待つ事も良くありましたからね。

IPO投資家が増えたのに電話での待ち時間が減った?おそらく企業努力の成果何でしょうね。褒めましたから当選させてくれたら嬉しいですね。

さて、他にも忘れてならないのは、マネックス証券、SBI証券、みずほ証券です。口座を保有している全部の証券会社で申込み予定ですが、たったの4つです。

GMOクリック証券やライブスター証券でひっそり取り扱いがある事を期待せずにはいられません。

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法