IPO大阪油化工業(4124)が新規上場承認されました。

 

地味な産業化学ですが、日本経済は化学産業あってこそですから、馬鹿に出来ません。

 

確かに、Fintechを代表とする金融テクノロジーの分野は成長が著しく、お金も集まります。それに比べて化学の旬な時期は過ぎてしまったかも知れませんが、だからこそこれから上場する企業の大阪油化工業(4124)には期待せずにはいられません。

 

しかも安心のジャスダック市場です。

 

IPO的には期待ができそうです。

IPO 大阪油化工業 4124 初心者向け基本データ


業種:化学

市場:ジャスダック

公開予定日:2017/10/05

BB期間:9/19~9/25

公募株数:270,000

売り出し:260,000

オーバーアロットメント:79,500

想定価格:1,830円

投資に必要な最低金額:183,000円



IPO 大阪油化工業 4124 初心者向け投資戦略


IPO 大阪油化工業 (4124) 想定価格1,830円として総株数の価格は、約11.2億円です。



公募株数>売出株数とギリギリではありますが、公募株数の方が上回っています。市場吸収金額も約11.2億円とやや小粒です。IPOの設備資金用途もかなり明確に記述されているので、安心感があります。

 

売上・利益共に堅調とは言えませんが、大局的に見れば上昇方向と捉えてもいいかもしれません。売上より利益が伸びていることに注目です。

 

精密蒸留という、化学物質の沸点の差を利用して分離・複製する企業です。もちろん自社工場、研究設備がある化学企業です。

 

1962年設立の企業、大阪が拠点です。社長が38歳と若いのは、親族企業の2代目だからです。化学企業にしては意外に従業員が少なく38名です。し

 

IPO投資家が気になるロックアップ期間は90日間で解除倍率の記載はありません。ベンチャーキャピタル保有株もないので、下げ圧力の心配はすくないです。

 

ネックは10月5日上場で、もうこの時点でトリプル上場が決まっている事ぐらいです。おっとこの時点でまだ記事にしていないIPOがありましたね。次回アップ予定です。

 

リスクがある分、初値期待は少ないので、遠慮するIPO投資家が少ないかもしれません。そういうIPOこそチャンスですよね!!



IPO 大阪油化工業 4124 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
SMBC日興証券


主幹事野村証券は欠かせないとして、大和証券、SMBC日興証券、SBI証券で申し込む予定です。

 

つまり、発表されているすべての証券会社で申し込み予定です。

 

もうそろそろ穴場証券会社の登場ないかな?



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法