IPO ダブルスタンダード(3925)が新規上場承認されましたので、IPO初心者向けに分析をおこないたいと思います。これまた話題で人気のビッグデータ関連銘柄です。

 

 

これは誰もが飛びつくIPOになりそうです。勿論初値も高騰しそうなので、期待度大ですが、それだけにプレミアチケット化し、ますます当選が遠のきそうです。

 

 

12月のIPO、この辺りで、1つ当選を欲しいものです。出来れば、ダブルスタンダードで当選が欲しいです。

IPO ダブルスタンダード 3925 初心者向け基本データ


業種:情報・通信業

市場:マザーズ

公開予定日:2015/12/15

BB期間:11/27~12/03

公募株数:200,000

売り出し:475,000

オーバーアロットメント:30,000

想定価格:2,100円

投資に必要な最低金額:210,000円



IPO ダブルスタンダード 3925 初心者向け投資戦略


IPO ダブルスタンダード (3925) 想定価格2,100円として総株数の価格は、約14.8億円です。



外部要因としては売出がやや多い気もしますが、オーバーアロットメントの売出が少ないので、吉とします。

 

 

内部要因は、現在おおきく上昇中です。売出、利益は順調に伸びています。しかし、まだ設立して間もない企業なのでは、あまりあてにならないかもしれません。

 

 

そうです、ダブルスタンダードの創業は2012年、なんと3年で早くもIPOが出来るというスタートダッシュの勢いのある企業です。

 

 

急激な伸びの背景には、企業の情報セキュリティ対策、政府のマイナンバー制度があり、時代の波にうまく乗れています。しかも今後も東京オリンピック需要など、ビッグデータ景気に沸きそうな銘柄です。

 

 

ビッグデータ関連企業に死角なし、全力で当選を掴みに行く予定です。

 

 

気になるロックアップは180日間、解除倍率の記載は見つけられませんでしたが、ベンチャーキャピタルの存在はありました。これでダブルスタンダードにベンチャーキャピタルが絡んでいなかったら逆に不安視するところでしたが、これで間違いなく全力参戦出来そうです。

 

 

 



IPO ダブルスタンダード 3925 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

SBI証券(主幹事)
大和証券
SMBC日興証券
東海東京証券
H・S証券
エース証券
藍澤證券
岡三証券
岡三オンライン証券


またしてもSBI証券が主幹事証券会社です。遂にポイントを使う時が来たのかもしれません。

 

 

その他、穴場証券会社として東海東京証券でもIPOの取り扱いがあります。ネット申し込みが可能になりましたが、手数料実績によって当選確率に差が出ますので、あまりここ最近は申し込みしていませんでしたが、駄目もとで申し込んでみるか検討中です。

 

 

そういえば、エイチ・エス証券でも取り扱いがあるようです。こちらも要検討ですね。

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法