久々に居酒屋IPO銘柄の登場です。その名も海帆、『なつかし処昭和食堂』、『えびすや』、『ゆずの雫』などの店舗の運営をしており、知っている方も多いのではないでしょうか。そんなわけで、今回は、IPO 海帆3133)が新規上場承認されましたので、久々の新規上場承認記事になります。

 

 

管理人はまだ入った事のない店舗ですが、機会があれば今まで同様、お客として体感して企業分析をしたいと考えております。

 

 

IPO 海帆 3133 初心者向け基本データ


業種:小売業

市場:マザーズ

公開予定日:2015/04/17

BB期間:04/01~04/07

公募株数:300,000

売り出し:300,000

オーバーアロットメント:90,000

想定価格:950円

投資に必要な最低金額:95,000円



IPO 海帆 3133 初心者向け投資戦略


IPO 海帆 (3133) 想定価格950円として総株数の価格は、約6.6億円です。



 

4月IPO情報第2弾として、ようやく安心できる企業の登場です。その名は海帆、カッコイイ名前ですね。それだけで好きになりそうですが、企業分析を進めたいと思います。

 

 

 

恒例の外部要因は、市場吸収金額が約6.6憶円となかなか魅力的な数字です。公募価格と売り出し価格は同じ値でそうそう悪くありません。

 

 

 

 

海帆の業績に続きますと、売上は伸びていますが、最近は少し苦しそうです。今迄が好調すぎたと捉えるべきか、もうのびしろがないと判断するのか、意見が分かれそうです。

 

 

 

 

そんな海帆の飲酒事業、管理人は好きです。何よりテーマ性を打ち出しているところが好感ポイントです。町興しで昭和初期のレトロな雰囲気を再現し、見事にV字回復した自治体があるぐらいですから、居酒屋の1つに昭和というノスタルジー漂う世界感を持って来たところがポイント高いです。映画も『三丁目の夕日』大ヒットしていますしね。

 

 

 

 

企業の設立は2003年、飲酒業界としては厳しい時期に創業しているんですね。本社は名古屋、従業員も200人弱と多いです。上場しないで75店舗の実力は、今後を十分期待させてくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

居酒屋とくると、すぐに株主優待を期待してしまいますが、今のところはないようです。その分、上場後の爆上げ要因にもなりますから、IPOと株主優待発表、Wチャンスがあるという事ですね。

 

 

 

 

管理人の分析不足かもしれませんが、ベンチャーキャピタルの存在がないかもしれません、これで十分初値が期待できます。全力参加、決定ですね。

 

 

 



IPO 海帆 3133 どの証券会社で購入?


さて、申し込み出来る証券会社は以下の通りです。

野村証券(主幹事)
大和証券
SBI証券
SMBC日興証券
東海東京証券
安藤証券
H・S証券
岩井コスモ証券
松井証券
東洋証券
エース証券
極東証券
丸三証券
岡三証券
高木証券


 

IPOネット申し込み派には嬉しい、幹事団の多さです。大本命の野村証券は必ず申し込むにしても、大和証券、SBI証券、SMBC証券など名だたる証券会社が参加しています。

 

 

穴場証券である、安藤証券、東海東京証券、エイチ・エス証券でも申し込み出来ますので、選択はよりどりみどりです。今後登場するIPO次第ですが、資産に余裕があれば全部申し込みしたいところです。

 

 



ところで、管理人のIPO当選確率が最も高い証券会社はGMOクリック証券である事はご存知でしょうか
ウハウハ戦略でIPOに当選するには株主優待?
GMOクリック証券で何度もIPOに当選している管理人が実践している事を密かに公開中!

 

完全平等抽選は伊達じゃない!!
毎年必ず確実に1度は当選を頂けている
マネックス証券
取引画面もリニューアル!ますます使いやすくなりました。

 

気になる他の方のIPO、当選者情報など
↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ にほんブログ村

ブログランキングでの評価および信用度の確認にどうぞ
↓↓↓↓
IPO・新規公開株 ブログランキングへ



今週の人気急上昇コンテンツ

証券会社の口座を開設するここだけの超裏技的手法